top of page

2024年度の活動 / 2023年度の活動 / 2022年度の活動 / 2021年度の活動 / 2020年度の活動

2024年度の活動履歴

2024年5月20日

2024年度第1回理事会が開催されました。

決議事項をとして下記1件が、満場一致で原案通り可決されました。

第 1 号議案 2023年度事業報告書の承認
第 2 号議案 2023年度会計書類の承認
第 3 号議案 2024年度理事候補案の承認
第 4 号議案 2024年度組織体制の承認
第 5 号議案 2024年度定時社員総会開催の決定
第 6 号議案 2024年度修正予算案の承認

また、下記4件について報告をいたしました。

報告事項 1 会員状況
報告事項 2 違法サイトの現況
報告事項 3 普及啓発活動の実施報告と予定

2024年5月1日

下記2法人が、社員として新規入会されました。

  1. SBクリエイティブ株式会社

  2. 株式会社CyberZ

2024年度のABJ会員数は、社員87法人、賛助団体11法人となりました。

詳細は​「参加者名簿」をご確認ください。

2024年4月24日

2024年度第1回運営会議が開催されました。

2024年4月19日

2024年度第1回監査委員会が開催されました。

下記の通り報告されました。

  1. 全体報告としてABJ組織体制と会員状況について(村瀬常務理事)

  2. ABJマーク付与事業報告(ABJ マーク部会:鈴木部会長)

  3. 違法サイト情報の収集と提供事業報告(法務部会:弥久保部会長)

  4. 違法サイト状況と、啓発普及活動報告(広報部会:伊東部会長)

  5. 「2024年4月3日 漫画のインターネット流通環境整備に関する勉強会」について(渉外部会:吉羽部会長

その後、ABJの活動について、監査委員からの質疑応答がなされました。監査委員は[こちら]をご覧ください。

2024年4月1日

下記7法人が、社員として新規入会されました。

  1. 株式会社viviON

  2. NHN comico株式会社

  3. 株式会社サイバーエージェント

  4. 株式会社シュークリーム

  5. 株式会社ハーパーコリンズ・ジャパン

  6. 株式会社ホビージャパン

  7. 株式会社リブレ

2024年度のABJ会員数は、社員86法人、賛助団体11法人となりました。

詳細は「参加者名簿」をご確認ください。

 

2023年度の活動履歴

2024年3月29日

2023年度第12回運営会議が開催されました。

2024年3月1日

2023年度第3回理事会が開催されました。

決議事項をとして下記1件が、満場一致で原案通り可決されました。

第1号議案    2024年度活動計画案の承認
第2号議案    2024年度予算案の承認

また、下記4件について報告をいたしました。

報告事項1    会員状況
報告事項2    違法サイトの現況
報告事項3    2024年度理事・監事の改選について
報告事項4    2024年度監査委員について

2024年2月27日

2023年度第11回運営会議が開催されました。

2024年2月15日 ABJのSTOP! 海賊版キャンペーンがAMDアワードで「優秀賞」を受賞しました

2023年3月から開始したSTOP! 海賊版キャンペーン「ありがとう、君の漫画愛。」が『デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー'23/第29回 AMDアワード』において、年間コンテンツ賞「優秀賞」を受賞しました。

詳しくは、一般社団法人デジタルメディア協会公式サイト発表の「ニュースリリース」をご確認ください。

2024年1月31日 「国内向け出版物海賊版サイトでタダ読みされた金額」の2023年版について

2023年の1年間に国内向け​出版物海賊版サイトでタダ読みされた金額は約3818億円と推定されます(一般社団法人ABJ調べ)。
2022年の推計からは約25%減少しましたが、ドメインホッピングやサイトデータを流用するなどした新規サイトは続々誕生しており、手口が悪質化しています。
また、海外向けの翻訳海賊版サイトの状況は高止まりしています。
引き続き、あらゆる利害関係者と連携した可能な限りの対策が必須です。

2024年1月26日

2023年度第10回運営会議が開催されました。

2023年12月25日

2023年度第9回運営会議が開催されました。

2023年11月27日

2023年度第8回運営会議が開催されました。

2023年10月30日

2023年度第2回理事会が開催されました。

決議事項をとして下記1件が、満場一致で原案通り可決されました。

第1号議案    2023年度修正予算案の承認

また、下記4件について報告をいたしました。

報告事項1    会員状況
報告事項2    違法サイトの現況
報告事項3    普及啓発活動の実施報告と予定

2023年10月27日

2023年度第7回運営会議が開催されました。

 

2023年10月23日

2023年度第2回監査委員会が開催されました。

下記の通り報告されました。

  1. 全体報告としてABJ組織体制について(新名代表理事)

  2. ABJマーク付与事業報告(ABJ マーク部会:鈴木部会長)

  3. 違法サイト情報の収集と提供事業報告(法務部会:弥久保部会長)

  4. 違法サイト状況と、啓発普及活動報告(広報部会:伊東部会長)

その後、ABJの活動について、監査委員からの質疑応答がなされました。監査委員は[こちら]をご覧ください。

2023年9月27日

2023年度第6回運営会議が開催されました。

2023年8月23日

2023年度第5回運営会議が開催されました。

2023年7月26日

2023年度第4回運営会議が開催されました。

2023年7月10日

2023年度第1回監査委員会が開催されました。

下記の通り報告されました。

  1. 全体報告としてABJ組織体制について(新名代表理事)

  2. ABJマーク付与事業報告(ABJ マーク部会:鈴木部会長)

  3. 海賊版サイト情報の収集と提供事業報告(広報部会:伊東部会長、法務部会:弥久保部会長)

その後、ABJの活動について、監査委員からの質疑応答がなされました。監査委員は[こちら]をご覧ください。

2023年6月23日

2023年度第3回運営会議が開催されました。

2023年6月14

一般社団法人ABJ広報部会長・伊東が、高等学校の「情報Ⅰ」「公共」の授業で活用できる教材(文化庁制作)に協力・出演しました。海賊版の問題を分かりやすく解説するパートで、被害の実態やABJマークの大切さを訴えています。
動画は文化庁「海賊版対策ポータルサイト」内の「教材」コンテンツページからご覧いただけます。

2023年6月9日

一般社団法人ABJの定時社員総会が開催され、社員79法人のうち52法人がリモートで出席、欠席委任状24法人、計76法人の参加により適法開催されました。
総会決議にかけられた下記議案は賛成多数で原案通り承認されました。


​第1号議案 2022年度計算書類の承認
第2号議案 理事の選任
【退任】
北畠 輝幸(株式会社集英社)
高橋 将峰(株式会社イーブックイニシアティブジャパン/日本電子書店連合理事長)
若山 高一(株式会社KADOKAWA)
​【就任】
青柳 昌行(株式会社KADOKAWA)
今井 孝昭(株式会社集英社)
山下 正樹(株式会社アムタス/日本電子書店連合理事長)

続いて下記について報告を実施しました。


報告事項1 2023年度活動計画 
報告事項2 2023年度予算 
報告事項3 2023年度組織運営体制 
報告事項4 監査委員交代について 
報告事項5 違法サイトの現況と普及啓発活動について

2023年6月2日

コミックナタリーのWEBコラムで、海賊版サイトに関する取り組みや状況が取り上げられました。ABJ広報部会長・伊東がインタビューに答えています。
【掲載記事】海賊版サイトの現在地Vol.4 「3つの超巨大サイトが閉鎖された2022年以降、海賊版サイトはどうなってる?」

2023年5月24日

2023年度第2回運営会議が開催されました。

 

2023年5月22日

2023年度第1回理事会が開催されました。

決議事項をとして下記4件が、満場一致で原案通り可決されました。

第1号議案    2022年度事業報告書の承認
第2号議案    2022年度会計書類の承認
第3号議案    2023年度理事候補案の承認
第4号議案    2023年度定時社員総会開催の決定

また、下記4件について報告をいたしました。

報告事項1    会員状況
報告事項2    2023年度監査委員交代
報告事項3    違法サイトの現況
報告事項4    普及啓発活動の実施報告と予定

 

2023年4月26日

2023年度第1回運営会議が開催されました。

2023年4月25日

STOP!海賊版キャンペーン「ありがとう、君の漫画愛。」で、G7群馬高崎デジタル・技術大臣会合の応援事業に参画しています。
G7群馬高崎デジタル・技術大臣公式サイトにも、キャンペーン紹介記事が掲載されました。

公式サイト紹介記事はこちらからご覧いただけます。

2023年4月1日

2023年度ABJ組織体制図を公開しました。

●2022年度の活動履歴

2023年3月30日

第2回ABJ会員向けセミナーを開催しました。

2023年3月29日

2022年度第3回理事会が開催されました。

下記議案が全て可決されました。

第1号議案 2023年度運営会議体制の件

第2号議題 2023年度事業計画の件

第3号議題 2023年度予算案の件

ほか、以下が報告されました。

報告事項1 会員状況

報告事項2 違法サイトの現況

報告事項3 2022年度STOP!海賊版キャンペーン概要

報告事項4 2022年度監査委員会状況

報告事項5 2022年度「漫画のインターネット流通環境整備に関する勉強会」状況

・2022年度第4回監査委員会が開催されました。

各部会長より、活動報告が下記の通り報告されました。

1. ABJマーク付与事業報告(ABJ マーク部会:鈴木部会長)

2. 海賊版サイト情報の収集と提供事業報告(法務部会:伊東部会長)

その後、ABJマークの付与事業と、海賊版サイト情報の収集と提供方法について、監査委員からの質疑応答がなされました。監査委員は[こちら]をご覧ください。

2023年3月22日

2022年度第12回運営会議が開催されました。

2023年3月9日

​STOP!海賊版キャンペーン「ありがとう、君の漫画​。」がリリースされました。詳しくは特設サイトをご覧ください。

2023年2月28日

【会員限定】第2回ABJセミナーの参加受付を開始しました。

2023年2月24日

2022年度第11回運営会議が開催されました。

2023年1月26

2022年度第10回運営会議が開催されました。

2022年12月21日

2022年度第9回運営会議が開催されました。

2022年12月19日

2022年度第3回監査委員会が開催されました。

2022年12月1日

ビッグローブ株式会社が賛助団体として参加し、社員数は79法人、賛助団体数は11法人になりました。

2022年11月25日

2022年度第8回運営会議が開催されました。

2022年10月25日

2022年度第7回運営会議が開催されました。

2022年10月14日

第1回一般社団法人ABJ会員向けセミナーが開催されました。

2022年10月6日

一般社団法人ABJの2022年度第2回理事会が開催されました。

下記5件の議題について報告し、理事より質疑と確認を受けました。

1.ABJ会員状況

2.ABJマーク状況
3.監査委員会状況
4.助成金受給について
5.海賊版サイトの最新状況

2022年10月3日

2022年度第2回監査委員会が開催されました。

2022年9月28日

2022年度第6回運営会議が開催されました。

2022年8月25日

​・文化庁主催の令和4年度教職員・ICT支援員著作権講習会で、ABJ広報部会長が「海賊版」に関する講演を担当しました。

・新しく本サイトに、「出版物違法サイトの状況」ページと「会員限定」ページを用意しました。メニューバナーよりご確認いただけます。

※​「会員限定」ページは、ABJ会員(社員・賛助団体)専用となります。会員以外の方はアクセスいただけません。ご了承ください。

2022年8月24日

2022年度第5回運営会議が開催されました。

2022年8月1日

株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワンが社員として参加し、社員数は79法人、賛助団体数は10法人になりました。

2022年7月26日

2022年度第4回運営会議が開催されました。

2022年7月13日

コミックスマート株式会社が社員として参加し、社員数は78法人、賛助団体数は10法人になりました。

2022年6月28日

株式会社Cygames が社員として参加し、社員数は77法人、賛助団体数は10法人になりました。

2022年6月24日

2022年度第3回運営会議が開催されました。

2022年6月20日

一般社団法人ABJの2022年度第1回監査委員会が開催されました。

各部会長より、活動報告を下記の通り報告いたしました。
1.ABJマーク付与事業報告(ABJ マーク部会:鈴木部会長)
2.海賊版サイト情報の収集と提供事業報告(法務部会:伊東部会長)
その後、ABJマークの付与事業と、海賊版サイト情報の収集と提供方法について、監査委員からの質疑への回答審議がなされました。
※今年度の監査委員情報はこちらをご覧ください。

2022年6月3日

「電流協アワード2022」において一般社団法人ABJが電流協特別賞を受賞しました。

STOP!海賊版キャンペーン、ABJマークの交付といった一般社団法人ABJの活動が評価されました。

2022年6月1日
一般社団法人ABJの定時社員総会が開催され、社員76法人、賛助団体10法人のうち、計64法人がリモートで参加しました。総会決議にかけられた下記議案は賛成多数で原案通り承認されました。

第1号議案 2021年度計算書類の承認

第2号議案 理事の選任

 吉田 仁平(ビーグリー)が退任

 高橋 将峰(イーブックイニシアティブジャパン)が就任

続いて臨時理事会が開催され、下記の議案が承認されました。

第1号議案 代表理事の選任

 新名 新(メディアドゥ)が就任

第2号議案 常務理事の選任

​ 村瀬 拓男(弁護士)が就任

2022年5月30日

2022年度第2回運営会議が開催されました。

2022年5月10日

華為技術日本株式会社が社員として参加し、社員数は76法人、賛助団体数は10法人になりました。

2022年4月26日

2022年度第1回運営会議が開催されました。

2022年4月5日

STOP! 海賊版キャンペーン「転載はバカボン」最終話まで、アーカイブ公開しました。

2022年4月1日

サイファー・テック株式会社が賛助団体として参加し、社員数は75法人、賛助団体数は10法人になりました。

●2021年の活動履歴

2022年3月28日

2021年度第12回運営会議が開催されました。

2022年3月22日

STOP! 海賊版キャンペーン「転載はバカボン」第二十六話~第三十四話、アーカイブ公開しました。

2022年3月16日

一般社団法人ABJの第4回監査委員会が開催されました。各部会長より、活動報告が下記の通り報告されました。

1. ABJマーク付与事業報告(ABJ マーク部会:鈴木部会長)

2. 海賊版サイト情報の収集と提供事業報告(法務部会:伊東部会長)

その後、ABJマークの付与事業と、海賊版サイト情報の収集と提供方法について、監査委員からの質疑応答がなされました。監査委員は[こちら]をご覧ください。

2022年3月11日

STOP! 海賊版キャンペーン「転載はバカボン」第十四話~第二十五話、アーカイブ公開しました。

2022年3月11日

一般社団法人ABJの2021年度第4回理事会が開催され、以下の議案が全て可決されました。

第1号議案 2022年度事業計画の件

第2号議題 2022年度予算案の件

第3号議題 2022年度運営会議体制の件

 また、以下が報告されました。

報告事項1 会員状況

報告事項2 違法サイトの現況

報告事項3 監査委員会の活動について

報告事項4 「漫画のインターネット流通環境整備に関する勉強会」

 

2022年2月28日

STOP! 海賊版キャンペーン「転載はバカボン」第一話~第十三話、アーカイブ公開しました。

2022年2月25日

2021年度第11回運営会議が開催されました。

2022年2月23日

株式会社実業之日本社が社員として参加し、社員数は75法人、賛助団体数は9法人になりました。

2022年2月14日

STOP! 海賊版キャンペーン「転載はバカボン」スタートしました。

2022年1月21日

2021年度第10回運営会議が開催されました。

2021年12月

ABJマークの大切さを訴えたポスターが『毎日・DAS学生デザイン賞 銀の卵賞』で入選しました。
大阪市立工芸高等学校 ビジュアルデザイン科 2年生の寺田凜音さんがビジュアルデザイン実習で公共ポスターをテーマに制作。『毎日・DAS学生デザイン賞 銀の卵賞』に応募し、見事入選しました。→ポスター画像はこちら

2021年12月24日

2021年度第9回運営会議が開催されました。

2021年12月10日

一般社団法人ABJの2021年度第3回理事会が開催され、以下の議案が全て可決されました。

第1号議案 映画館啓発活動動画への支出の件

第2号議題 2021年度「STOP!海賊版キャンペーン」予算増額の件

 また、以下が報告されました。

報告事項1 上半期会計報告

報告事項2 新広報部会の活動について

報告事項3 会員以外への違法サイトリスト提供について

報告事項4 海賊版の現況

報告事項5 「漫画のインターネット流通環境整備に関する勉強会」

2021年12月1日

2021年度第8回運営会議が開催されました。

2021年11月4日

株式会社コミディアが社員として参加し、社員数は74法人、賛助団体数は9法人になりました。

2021年10月20日

2021年度第7回運営会議が開催されました。

2021年10月19日

株式会社Jパブリッシングが社員として参加し、社員数は73法人、賛助団体数は9法人になりました。

2021年10月7日

株式会社翔泳社が社員として参加し、社員数は72法人、賛助団体数は9法人になりました。

2021年10月6日

一般社団法人ABJの第3回監査委員会が開催されました。各部会長より、活動報告が下記の通り報告されました。

1. ABJマーク付与事業報告(ABJ マーク部会:鈴木部会長)

2. 海賊版サイト情報の収集と提供事業報告(法務部会:伊東部会長)

その後、ABJマークの付与事業と、海賊版サイト情報の収集と提供方法について、監査委員からの質疑応答がなされました。また、今後の監査委員会の開催頻度について検討がなされました。監査委員は[こちら]をご覧ください。

2021年10月6日

株式会社一迅社が社員として参加し、社員数は71法人、賛助団体数は9法人になりました。

2021年10月2日

株式会社マッグガーデン、株式会社コアミックスが社員として参加し、社員数は70法人、賛助団体数は9法人になりました。

2021年9月22日

株式会社アース・スターエンターテイメント、カルチュア・エンタテインメント株式会社、株式会社主婦の友社、株式会社徳間書店が社員として参加し、社員数は68法人、賛助団体数は9法人になりました。

2021年9月17日

2021年度第6回運営会議が開催されました。

2021年9月16日

新名代表理事と伊東広報・法務部会長が「マンガ・アニメ・ゲームに関する議員連盟(略称:MANGA議連)」の総会に出席し、海賊版サイトの現状と一般社団法人ABJの活動について説明し、海外に本拠を置く違法サイトの取り締まりに政官一体となって取り組むよう要請しました。

2021年8月19日

2021年度第5回運営会議が開催されました。

2021年8月6日

一般社団法人ABJの2021年度第2回理事会が開催され、以下の議案が全て可決されました。

第1号議案 海賊版サイト認定基準の見直し

 新しいタイプの海賊版サイトに対応するため、認定基準の見直しを行いました。

第2号議題 違法サイトリスト提供のガイドラインについて

 リスト提供の基本路線の確認がなされました。

また、以下が報告されました。

報告事項1 広報部会の再編について

 出版社以外に電子書店、通信事業者もメンバーに加わっていただく

報告事項2 海賊版の現況について

報告事項3 「漫画のインターネット流通環境整備に関する勉強会」について

2021年8月3日

株式会社オーバーラップが社員として参加し、社員数は64法人、賛助団体数は9法人になりました。

2021年8月2日

株式会社ファンギルドが社員として参加し、社員数は63法人、賛助団体数は9法人になりました。

2021年7月22日

株式会社ナンバーナインが社員として参加し、社員数は62法人、賛助団体数は9法人になりました。

2021年7月20日

2021年度第4回運営会議が開催されました。

2021年6月24日
2021年度第3回運営会議が開催されました。

 

2021年6月24日
一般社団法人ABJの定時社員総会が開催され、社員61法人、賛助団体9法人のうち、計48法人がリモートで参加しました。総会決議にかけられた下記議案は賛成多数で原案通り承認されました。
第1号議案 2020年度計算書類の承認
第2号議題 理事の選任

2021年6月14日
一般社団法人ABJの第2回監査委員会が開催されました。
各部会長より、活動報告が下記の通り報告されました。
1. ABJマーク付与事業報告(ABJ マーク部会:鈴木部会長)
2. 海賊版サイト情報の収集と提供事業報告(法務部会:伊東部会長)
その後、ABJマークの付与事業と、海賊版サイト情報の収集と提供方法について、監査委員からの質疑応答がなされました。
監査委員は[こちら]をご覧ください。


2021年5月27日

2021年度第2回運営会議が開催されました。

2021年4月28日

2021年度第1回運営会議が開催されました。

2021年4月22日

「株式会社カカオジャパン」が社員として、「一般社団法人日本推理作家協会」が賛助団体として参加し、社員数は61法人、賛助団体数は9法人になりました。

2021年4月22日

 一般社団法人ABJの2021年度第1回理事会が開催され、下記の議案が全て可決されました。

第1号議案 2021年度事業計画の件

 各部会長より各部会の事業計画について説明がなされ、承認されました。

第2号議題 2021年度予算案の件

 議長より2021年度の収支案について説明がなされ、承認されました。

第3号議題 新規入会者承認の件

 参加希望者1社(社員)と1団体(賛助団体)の入会が承認されました。

●2020年の活動履歴

2021年3月25日

朝日新聞出版が社員として参加し、社員数は60法人、賛助団体数は8法人になりました。

2021年3月23日

2020年度第2回運営会議が開催されました。

2021年3月15日

一般社団法人ABJの第1回監査委員会が開催されました。互選により、曽我部真裕氏が議長に選任されました。

各部会長より、活動報告が下記の通り報告されました。

1. ABJマーク付与事業報告(ABJ マーク部会:鈴木部会長)

2. 海賊版サイト情報の収集と提供事業報告(法務部会:伊東部会長)

その後、ABJマークの付与事業及び認定方法と、海賊版サイト情報の収集と提供方法について、監査委員からの質疑応答がなされました。監査委員は[こちら]をご覧ください。

2021年3月15日

人気漫画「僕のヒーローアカデミア」とコラボ。フィルタリング普及啓発動画、3月15日より公開。

2021年2月16日

「STOP! 海賊版キャンペーン #きみを犯罪者にしたくない。」がスタートしました。

 

​2021年1月29日

改正著作権法を周知するため、文化庁が教育現場へ配布するリーフレット作成に協力しました。「こち亀」の両さんが登場しています。

2021年1月26日

「朝日新聞」から取材があり、広報部会で対応いたしました。

2020年12月21日

2020年度第1回運営会議が開催されました。

2020年12月9日

公益社団法人日本文藝家協会が社員として参加し、社員数は59法人、賛助団体数は8法人になりました。

 

2020年12月3日

一般社団法人ABJの2020年度第3回理事会が開催され、下記の議案が全て可決されました。

 

第1号議題 本法人組織変更の件

出版業界の海賊版対策を一般社団法人ABJに一元化し、組織内のガバナンスをより強化するために組織の変更を行いました。詳細は、[こちら]をごらんください。 また、監査委員会の組成方針を定めました。

 

第2号議題 本年度キャンペーン施策の件

一般社団法人ABJが第4四半期に予定しております、著作権法改正施行に伴う普及啓発活動について、本事業の実施と経費支出が承認されました。

 

第3号議題 定款変更の発議の件

定款を一部変更する議題について、メールで全社員の同意を得る方法で行うことが承認されました。

 

第4号議題 出版広報センターへの参加の件

海賊版対策を推進するうえで、出版広報センターを構成する各団体(日本書籍出版協会、日本雑誌協会、日本電子書籍出版社協会、日本出版インフラセンター、自然科学書協会、出版梓会、日本児童図書出版協会、大学出版部協会、日本楽譜出版協会)との連携を維持強化するため、当法人も出版広報センターに参加することが承認されました。

2020年11月25日
ニュースリリース「ABJ と SIA (一般社団法人セーファーインターネット協会)が海賊版サイト対策で連携」

2020年11月24日
日本電子出版協会(JEPA)主催の「電子出版アワード2020 (第14回) 」において、一般社団法人ABJが「デジタル・インフラ賞」部門の候補に選出されました。最終発表は2020年12月24日となります。

2020年11月2日
株式会社竹書房、株式会社新書館 が社員として参加し、社員数は58法人、賛助団体数は8法人になりました。  

2020年10月22日
株式会社小学館集英社プロダクションが社員として参加し、社員数は56法人、賛助団体数は8法人になりました。

2020年10月14日
社員数は55法人、賛助団体数は8法人になりました。

 

2020年9月29日
一般社団法人ABJの臨時(設立)社員総会が開催され、社員47法人、賛助団体8法人のうち計42法人がリモートで参加しました。総会決議にかけられた2つの議案、「令和2年度 活動方針承認の件」および「令和2年度 予算案承認の件」は満場一致で原案通り承認されました。

2020年9月28日

参加者が社員(正会員)47名(法人)、賛助団体(賛助会員)8法人となりました。

2020年9月2日

一般社団法人ABJ理事会が開催され、下記の案件が決議された。

1.臨時社員総会招集の件(2020年9月29日(火)午後4時より)

2.2020年度予算案の件

3.参加希望者5社と1団体の承認の件

2020年4月24日

一般社団法人ABJ発起人である株式会社KADOKAWA、株式会社講談社、株式会社集英社、株式会社小学館、公益社団法人日本漫画家協会、株式会社メディアドゥホールディングス(現・株式会社メディアドゥ)によって設立理事会が開催され、下記の設立時役員が選任された。

 代表理事 新名 新(メディアドゥホールディングス、現メディアドゥ)

 常務理事 村瀬拓男(弁護士)

 理  事 一本木蛮(日本漫画家協会)

 理  事 北畠輝幸(集英社)

 理  事 佐上靖之(小学館)

 理  事 松井康子(パピレス 日本電子書店連合理事長)

 理  事 森田浩章(講談社)

 理  事 若山高一(KADOKAWA)

 監  事 前田哲男(弁護士)

2022年の活動履歴
2021年の活動履歴
2020年の活動履歴
2023年度の活動履歴
bottom of page